これがおススメ【NEXUS レボ・ステルスWP】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WPスウィングと防水等の機能を改善した最高機能品!
前立腺バイブ【NEXUS レボ・ステルスWP】の詳細はこちら

前立腺バイブとはどんなもの?

前立腺バイブを説明する前に、前立腺はどこにあるのか? 前立腺の働きは何なのか? などについて説明しておきます。

前立腺は、男性にだけ存在する器官で、膀胱の真下にある生殖器です。

前立腺と直腸の位置関係を示した図

クリの実ほどの大きさで、形もクリに似ていて、膀胱出口である尿道を取り囲むように位置しています。

働きとしては、前立腺液を分泌して、精液の一部として精子を保護したり、精嚢で作られた精嚢液を、精巣で作られた精子と混合した精液を作っています。

射精時には、前立腺が収縮して精液を送り出す役目を果たすだけでなく、膀胱側の尿道を狭くして、精液が膀胱内へ逆流しない様にしています。

まさに、射精の管理をしていると言って良い器官と言えます。

前立腺の中にある前立腺小室は、男性子宮と呼ばれ、女性の子宮に相当する部分なんです。

射精を管理する男性子宮である「前立腺」は、刺激を受けると性感を感じるのです。

前立腺刺激による性感は、ドライオーガズムと言われ、射精を伴わないことから、何度も何度も連続して感じることのできる快感となります。

そんな前立腺は、膀胱のすぐ下に位置しているのですが、実は上の図様に、直腸とも隣り合った場所にあるのです。

中指を肛門から挿入して、指の腹を身体の前側に少し曲げて探ってみると、球状に膨らんだ部分を確認できると思います。

これが前立腺で、前立腺を触診で検査する場合などに、このような方法が用いられます。

さて、本題に戻ります。

前立腺バイブは、肛門から挿入することで、前立腺に直腸からアプローチして、振動圧迫刺激を与えるグッズです。

中指で、前立腺の位置をつかんでおけば、前立腺バイブをどの角度に合わせるのが良いかが、感覚でつかめます。

前立腺を刺激するとどうなる?

直腸から、腸壁越しに、前立腺に対して振動や圧迫などの刺激を与えると、とても気持ちの良い快感を得ることができます。

うまくすれば、ドライオーガズムを感じるまでになれる快感ですが、なかなか簡単にはドライを経験するまでには至りません。

前立腺バイブのちょっとした角度の違いや、前立腺刺激する体勢の違い、さらには周囲の環境状態や精神状態などが絡み合って、イケるかイケないかが決まります。

一度ドライオーガズムを感じることのできた人は、次に行きやすくなる様です。

多分コツが分かるという事なんだと思います。

ドライオーガズムでイクのは、射精でイクのとは全く違う感覚なんです。

止めようと思っても止まらない、自然に湧き出てきてしまう喘ぎ声。

そして、波の様に押し寄せる絶頂!

絶頂が訪れても、そのあとに射精の様な終わった感は全くありません。

ドライオーガズムは、絶頂が来てイッてしまっても、そのまま終わることは無いのです。

自分で、強い意志を持って、やめない限り、いつまでもドライの波が押し寄せます。

ドライオーガズムの大敵は、実は射精です。

前立腺バイブを、肛門から挿入して前立腺を刺激すると、その快感から、どうしてもペニスの方に手が行ってしまい、しごきたくなります。

この誘惑を、我慢しなければ、ドライオーガズムを感じることは、まずできないでしょう!

ペニスをしごいて、射精してしまえば、盛り上がってきたドライの感覚も何もかも、一瞬にして終わりになってしまいます。

ペニスへの誘惑を、どれだけ耐えられるか?

これがドライへの道だと言っても過言ではありません。

NEXUS REVOシリーズの徹底比較

NEXUS REVOシリーズは、快感を求める男性達のために作られた「史上最強の前立腺バイブ」シリーズです。

圧倒的なパワーで、前立腺に向かって強烈な圧迫刺激を与えてくれるシリーズとして、爆発的な人気を誇ります。

NEXUS REVO シリーズ

その、NEXUS REVO シリーズの製品群を、徹底比較しました。

各商品の特徴などを記述しましたので、ご確認ください。

後になるほど、性能機能が向上する様に並べてあります。
(商品名をタップすれば、説明の項目へジャンプします)

NEXUS REVO2(レボ2)の特徴

NEXUS REVO2(レボ2)(16.5K)の紹介です。

前立腺バイブ【NEXUS レボ2】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
NEXUS REVO2(レボ2)最もオリジナルなレボです!
前立腺バイブ【NEXUS レボ2】の詳細はこちら

前立腺に、強力なパワーで刺激を与えてくれる世界で唯一のマシンとして登場した「NEXUS REVO」。

この「NEXUS REVO2(レボ2)」は、その後継機種となります。

前作では、前立腺刺激の素晴らしい機能を評価されたのですが、電池ボックスが開けにくかったり、振動パターンが少ないなど、改善の要求が出ておりました。

これらの改善要求を考慮して作られたのが、この「NEXUS REVO2(レボ2)」!

基本的な前立腺刺激の性能はそのままで、改善要求内容を対策。

NEXUS REVO2(レボ2)のサイズ

電池式からUSB充電方式に変えることで、パソコンや一般のUSBアダプターから、充電できるようになりました。

振動パターンも6種類に増えて、好みに合わせた振動を選べるようになったのもメリットです。

挿入部のサイズや形状、素材感などは前作を踏襲しており、医療グレードのシリコンを使用することで、心地よい肌触りと滑らかさを表現し、安全性も向上させています。

ゆっくりと、でもパワフルに、ヘッド部がスウィングして、前立腺を刺激!

さらに、会陰部に付いたイボイボ部分が、快感をさらに盛り上げます。

NEXUS REVO2(レボ2)を挿入しているところ

USB充電時間は、完全充電まで約4時間かかります。

マグネット接続になっているので、とても使い勝手が良いです。

「NEXUS REVO」に比べて、耐水性能が向上していますが、防滴仕様なので、丸洗いはしない方が良いです。

NEXUS REVO INTENSE(レボ・インテンス)の特徴

NEXUS REVO INTENSE(レボ・インテンス)(16.6K)の紹介です。

前立腺バイブ【NEXUS レボ・インテンス】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
NEXUS REVO INTENSE(レボ・インテンス)前立腺への刺激を強くしたレボです!
前立腺バイブ【NEXUS レボ・インテンス】の詳細はこちら

INTENSEは、英語で「強烈」とか「非常に強い」と言った意味の言葉です。

その名称の通り、より強く、より過激に前立腺を刺激できるように進化した「NEXUS REVO」が、この「NEXUS REVO INTENSE(レボ・インテンス)」です。

基本的な仕様は、「NEXUS REVO2(レボ2)」を踏襲していて、マグネットUSB充電方式や、防滴仕様も同じです。

(防滴仕様とは、水滴がついたくらいではOKなのですが、水での丸洗いや水没は厳禁で、壊れてしまうレベルですので、注意が必要です。)

NEXUS REVO INTENSE(レボ・インテンス)のサイズ

「NEXUS REVO2(レボ2)」と最も違っているところは、ボディー設計です。

前立腺を、もっと強くキャッチするために、肛門に挿入するシャフトが前傾した設計になっているのです。

そして、微妙な違いですが、少しだけ太さが太くなっているのと、会陰部にあたるローター角度も変わっています。

より深く、より激しく、前立腺にアプローチして、ハードに圧迫してくれる設計となっています。

NEXUS REVO INTENSE(レボ・インテンス)の角度

会陰部モーターの力も強くなっていて、会陰部がフラットになったことと合わせて、会陰バイブ機能も充実しています。

人による好みや、感じ方の差があるので、一概には言えませんが、レボ2やステルスよりも快感性能を追求したい人向けと言えそうです。

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)の特徴

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)(19.8K)の紹介です。

前立腺バイブ【NEXUS レボ・ステルス】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)無線リモコン付きのレボです!
前立腺バイブ【NEXUS レボ・ステルス】の詳細はこちら

前立腺を、ゆっくりと力強く圧迫するパワフルなヘッドスウィング機能では、NEXUS REVOシリーズの右に出るものはありません。

シリーズの中でも、「NEXUS REVO2(レボ2)」は、今でも欠品となる最高傑作品です。

その「NEXUS REVO2(レボ2)」に、無線リモコン付きのモデルが登場しました。

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)のサイズ

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)は、本体の機能や形状はレボ2と全く同じで、無線リモコンが付いたモデルとなります。

リモコンで、電源ON/OFF・スウィング切り替え・振動切り替えの3つの機能が操作できます。

リモコンの有効範囲は、15mもあるので、自分で操作するだけでなく、パートナーに操作してもらうことで、予測のできないプレイを楽しむことも可能となります。

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)のリモコン動作内容

リモコン以外の機能は、レボ2と同じなので、生活防水機能はついていません。

水で洗ってしまうことの無い様に、注意することが必要です。

NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)の特徴

NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)(19.8K)の紹介です。

前立腺バイブ【NEXUS レボ・スリム】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)スリムにしてスウィング防水機能を改善したレボ!
前立腺バイブ【NEXUS レボ・スリム】の詳細はこちら

NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)は、アナル開発を済ませて、ドライオーガズムを体験できる様になったユーザーをターゲットにするのではなく、まだまだ初心者で、アナニーを始めたけれども、ドライオーガズムはおろか、トコロテンすら経験できていないビギナーにターゲットを定めて、開発された商品です。

その名の通り、スリムなボディーとなっていて、ベースモデルのレボ2と比べて、15%ほどスリム化していて、肛門に挿入するシャフトも少し細くなっています。

細身にすることで、初心者でも扱いやすくしたボディーですが、そのパワフルなスウィング機能は健在で、強力に前立腺を圧迫してくれます。

NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)のサイズ

それだけでなく、進化するスウィング機能は、これまで右回転しかしなかったのですが、このモデルから左回転も出来る様になったのです。

スイング機能は、左右の2方向回転×2速度の4種類のファンクションが楽しめる様になりました。

NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)とREVO2の大きさ比較

さらに、ステルスから装備されたリモコン機能に、動作の一時停止と解除の機能が追加されました。

この機能は、意外と使用する機能なので、便利になりました。

NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)を挿入したところ

さらにもっと注目したいのは、防水性です。

ついに、生活防水機能が搭載されたのです。

この生活防水機能の搭載によって、水でじゃぶじゃぶと洗えるようになって清潔に保てるようになり、ローションの注入も遠慮せずに行えるようになりました。

スリムと言っても、極端にスリムになった訳ではなく、大差ないという意見もあります。

でも、初心者に配慮していて、生活防水になった本モデルは、今後のREVOシリーズの中核となる可能性を感じます。

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WPの特徴

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WP(19.9K)の紹介です。

前立腺バイブ【NEXUS レボ・ステルスWP】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WPスウィングと防水等の機能を改善した最高機能品!
前立腺バイブ【NEXUS レボ・ステルスWP】の詳細はこちら

進化するNEXUS REVOシリーズですが、レボ・ステルスの発売で、リモコン付きとなり、便利性が上がりましたが、その他の機能についてはレボ2のままで、大した進化とはなっていなかったと言われても仕方のないところでした。

特に防水機能については、メンテナンス性や衛生上での問題もあり、ローションによる故障の可能性もあって、進化してもらいたい項目の最大ポイントでした。

そんなレボ・ステルスに、ついに防水機能の付いた最強モデルの「NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WP」が登場しました。

商品名に追加された「WP」は、ウォータープルーフの略で、防水性を示しています。

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WPのサイズ

レボ・ステルスWPは、レボ2をベースに、リモコンがついて、生活防水が施され、レボ・スリムに搭載された左回転する機能を付加したシリーズ最強モデルです。

場所を選ばずにアナニーでき、水で丸洗いできるので衛生面での管理も容易となりました。

さらに、ヘッドのスウィングに左回転が追加されたので、スウィング機能が、左右2方向×2速の4パターンに増えました。

会陰部のローターとの組み合わせは、34通りにもなり、多彩なファンクションによって、ゆっくりと上り詰めたい時やスパートをかけたい時など、シチュエーションに合わせた機能選択ができる様になりました。

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WPのリモコン動作内容

前立腺バイブは、アダルトグッズの 中でも人気の高いグッズです。

ドライオーガズムを目指す男性達にとっては、前立腺バイブは外せないアイテム。

その中で、このNEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WPは、最高峰モデルと言えるアイテムです。

さらに、NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)が、同様な機能を保持ししながら、スリムになったタイプと言うことで、この2機種が今後の前立腺バイブ市場を引っ張て行く存在となると思います。

<ご注意>
レボ・ステルスとレボ・ステルスWPは、名称が「WPが付くか」「付かないか」の違いだけです。
ご購入の際は、間違えの無いように再確認してください。