アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】楽に挿入!新しい快感の世界へ!
アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】の詳細はこちら

「アナルバルーン」ってどんなメリットがあるの?

アナルバルーンは、上の動画の様に、先端だけが膨らむ仕掛けになったグッズです。

ほとんどのバルーンが、空気を送り込むことで風船状のバルーンを膨らませる構造となっています。

このバルーンが考案されたのは、単なる遊び心や好奇心によるものではありません。

元々、前立腺炎や前立腺肥大症などの前立腺に関する諸症状を治療改善するために、古い前立腺液を絞り出すための処置に用いられた肛門から挿入する器具(エネマグラ)が登場して以来、前立腺マッサージを行う色々な器具が開発されてきました。

その中で、前立腺を圧迫して快感を感じることのできる道具として、開発されたグッズの内のひとつがアナルバルーンです。

この形状と、バルーンが膨らむところを見ると、SMプレイに使用して、アナル責めに使うために開発された様にも思ってしまいますが、もともとは快感を追求したグッズなんです。

もちろん、SM的な使い方にも使用できます。

そんなアナルバルーンを使用するメリットは、次の通りです。

  • 挿入する時は、細いチューブなので肛門に負担が無い。
  • 肛門から挿入できる大きさをはるかに超えた大きさまで膨張させられる。
  • バルーンの膨張量は、思い通りに調整できる。
  • いつでも一瞬で収縮させて、元のサイズに戻すことができる。
  • アナル開発せずに、いきなり前立腺アプローチができる。

直腸から前立腺を圧迫マッサージするには、ある程度以上の大きさのグッズを、肛門から挿入しないと、効果がありません。

効果が出るほどの太いグッズを、肛門から挿入するのは、生半可なことでは達成できません。

アナルバルーンを使わなければ、時間をかけて徐々にアナル開発を重ねて、やっとのことで挿入が可能になるのです。

でも、アナルバルーンを使用すれば、肛門トレーニングを全く行わなくても、いきなり前立腺にアプローチできるのです。

これが一番大きなメリットです。

アナルにバルーンを挿入して、いっぱいまでバルーンを膨らまして、前立腺快感を楽しんで下さい。

(アナルバルーンは、挿入前にポンプを何回押すとどれだけ膨らむかを事前確認してから挿入して下さい。)

「アナルバルーン」はアナル以外にも使えるの?

膣に使用する

皆さんは、既に想像しておられると思いますが、アナル以外の場所と言えば、「膣(ヴァギナ)」ですよね。

アナルバルーンは、もちろん膣にも使用できます。

興味本位や嗜好欲を満足させるために、男性が女性の膣に挿入してプレイすることもありますが、女性自身が快感を感じるために使用することができます。

バルーンを膣に挿入して膨らませると、膣内がいっぱいいっぱいになった満足感と、Gスポット刺激快感を得ることができます。

膣口は肛門よりも大きくて緩いのですが、膣内に比べて膣口はけっこう狭く小さくなっています。

「締まりの良い女性」とかよく言われますが、男性ペニスはこの膣口付近の締まりを楽しんでいるだけで、膣の中の方は緩く広がっているのです。

その膣の内部をパンパンになるまで膨張させることができるので、これまで感じたことの無い感覚の快感を感じることができます。

男性の興味本位から、バルーンがまだ少し膨らんだ状態で膣口から引き抜くと、これまで見ることのできなかった彼女のあそこの姿を見ることができます。

女性のアナルに使用する

前の説明でのアナル挿入は、男性のアナルを想定していましたが、実は女性のアナルにも使用できます。

このアナルバルーンを女性のアナルに挿入して、バルーンを膨らますと、女性の膣付近が圧迫されるんです。

直腸内のバルーンで押さえつけられた女性の膣へ、ペニスを挿入すると、これまでと違った感覚を男女とも感じることになります。

男性は、狭くなった膣に圧迫されて、いつもよりも強く快感を感じる様になり、女性も、押さえつけられた膣壁が、ペニスをGスポットにこすりつける様に働くので、性感が良くなるのです。

アナルバルーンを入れて、セックスするだけですので、一度お試し下さい。

アナルバルーン【空気注入式スティミュレーター】の紹介

アナルバルーン【空気注入式スティミュレーター】(¥2,860)の紹介です。

アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】を女性が膨らましているところ楽に挿入!新しい快感の世界へ!
アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】の詳細はこちら

スティミュレーターとは、「身体の器官や神経などを刺激して、興奮させるグッズ」との英語意味ですが、前立腺を狙って快感を感じるための道具と言えそうです。

写真の女性は、バルーンをかなり大きく膨らませていますが、見た通り、バルーンの形状は球形に膨らもうとして、かなり大きくなりますので、膨らみの大きさをよく認識しながら、プレイする様にして下さい。

実際に、肛門や膣口から「空気注入式スティミュレータ」を挿入して、体内でバルーンを膨らませると、直腸の形や膣の形状にフィットして膨張していきますので、体内で完全な球形になるわけではありませんが、それでも丸く膨らむのに近い状況の様です。

アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】の全体

バルーンを膨らませていないスティミュレータは、見た目何やら血圧計見たいなイメージですので、人目に触れてもアナルバルーンとは気づかれないと思います。

「空気注入式スティミュレータ」の先端は、丸く流線形になっているので、肛門や膣への挿入は簡単です。

ローションやジェル等を塗ってから挿入すると、スムーズにいきます。

アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】のエア抜きコック

根元部分のポンプの接続部には、エア抜きのバルブがあるので、バルーン内部の圧力の調整をしたり、一瞬で完全にエアー抜くこともできるので、便利です。

安全装置として使用できます。

アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】のバルーンが膨らんだ状態

バルーンはラバー素材で出来ていて、膨らむと風船のように生地が薄くなっていきます。

あまり大きく膨らませない方が良いと思いますが、目いっぱいに膨らませても破裂するような事は無い様です。
(でも、過信しないで、適度にご使用下さい。)

アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】をアナルに挿入したところ

写真は、女性のアナルに「空気注入式スティミュレータ」を挿入しようとしているところです。

アナルバルーンは、アナル開発の拡張に良く使用されますが、肛門部分の拡張はできません。

直腸部分の拡張となりますので、肛門の拡張を狙っている方は、アナルプラグなどの他のアイテムを選択して下さい。

アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】をアナルに挿入して膣にバイブを挿入しているところ

こちらの写真は、アナルに「空気注入式スティミュレータ」を挿入した状態で、膣にディルドを挿入しようとしているところです。

実際には、この様に女性のアナルへ「空気注入式スティミュレータ」を挿入してバルーンを膨らまし、その状態でペニスを挿入してセックスすると、男女とも、いつもの数倍もの快感を感じられるようですから、ぜひお試しください。

アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】の化粧箱楽に挿入!新しい快感の世界へ!
アナルバルーン【空気注入式スティミュレータ】の詳細はこちら