尿道プラグの種類

尿道プラグは、ペニスプラグとも呼ばれる尿道へ挿入する棒状のグッズですが、色々な種類があります。

  1. 尿道プラグの長さ
    長さの違った商品が、色々と販売されていますが、尿道プラグと呼ばれるグッズは、どちらかと言うと短めのものが多いです。

    前立腺刺激を目的にされる場合には、長いタイプの尿道プラグが必要になります。

  2. 尿道プラグ【ディップスティック・リップ6mm】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【ディップスティック・リップ6mm】奥まで入る!長い尿道プラグ!
    尿道プラグ【ディップスティック・リップ6mm】の詳細はこちら


  3. ペニスプラグの太さ
    尿道プラグの太さも、色々なサイズがあります。

    初心者の人は、細いペニスプラグから始めましょう。

    管理人の場合、最初から直径7mmまでの太さのペニスプラグは、難なく挿入できましたが、直径8mmでは尿道がはじけそうな感じでした。

    その時に、直径9mmも挑戦したのですが、さすがに痛くてギブアップの状態でした。

    個人差があると思いますが、全くの初心者の方なら、7mm以下の尿道プラグがおススメです。

    スムーズにスタートして、徐々に尿道拡張していきましょう。

  4. 尿道プラグ【Torpedoトルペド】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【Torpedoトルペド】太い尿道プラグ!上級者向け!
    尿道プラグ【Torpedoトルペド】の詳細はこちら


  5. 尿道プラグの形状
    話を戻しますが、尿道プラグは、その形状に特徴があります。

    凸凹になっているのです。

    この凸凹が、尿道に挿入した時の感覚を最大限に楽しませてくれます。

    挿入していく時の見た目でも興奮できるので、色々な凹凸の中から、気に入った尿道プラグを選んで下さい。

  6. 尿道プラグ【ホロウ・ダイアレーター】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【ホロウ・ダイアレーター】長さ太さが中程度の尿道プラグ!
    尿道プラグ【ホロウ・ダイアレーター】の詳細はこちら


  7. リング付きペニスプラグ
    尿道プラグを、長時間装着したままにしたいと言う思いが出てくるのは当然なことです。

    そんな用途に対応したのが、リング付きの尿道プラグです。

    ペニスプラグのリングを亀頭の下部分のカリにハメることで、尿道プラグが抜けなくなるので、尿道プラグを挿入したまま、通常生活が送れるようになり、挿入感を1日中楽しむことが出来る様になります。

  8. 尿道プラグ
    【ペニスプラグ・ウィズ・グランスリング】

    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【ペニスプラグ・ウィズ・グランスリング】竿に固定できる尿道プラグ!
    尿道プラグ【ペニスプラグ・ウィズ・グランスリング】の詳細はこちら


  9. 空洞のある尿道プラグ
    リング付きのペニスプラグを付けて、長時間挿入できると言っても、外出時などは、小用の心配がありますよね。

    そんな要望に応えて作られたのが、尿道プラグの中心に穴の開いているペニスプラグです。

    尿道プラグを挿入したまま射精しても、この穴を通して精液を排出することが出来ますから、とても便利です。

    ただし、中心に穴が開いている分、直径が太くなっていることが多いので、初心者の人は、太さを良く確認してから、購入しましょう。

  10. カムキット
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【カムキット】中央に穴の開いた尿道プラグ!
    カムキットの詳細はこちら


  11. 尿道拡張
    長時間尿道プラグを挿入しておくことで、尿道拡張は簡単に進められます。

    何種類かの太さの違う「リング付き尿道プラグ」を購入して、徐々に尿道を拡張していきます。

    尿道は、ペニスの先の方のカリの下あたりが狭くなっているので、この尿道口から2cm~3cmのところを中心に拡張をすすめるのが良いです。

尿道プラグの選び方

尿道プラグは、尿道ブジーやカテーテルに比べて、短めのものが多く、前立腺に到達しないタイプが多くなります。

(前立腺に到達するには、18cm~20cmの長さが必要です。)

ですから、用途に応じて、尿道プラグを選ぶ必要があります。

  1. 前立腺オーガズムを楽しむ
    尿道口から尿道プラグを挿入して、前立腺に届くには、少なくとも18cmから20cmの長さの尿道プラグが必要となります。

    これだけの長さのある尿道プラグは少ないので、どちらかと言うと尿道ブジーのジャンルでグッズを探した方が良いと思います。

    これほど長いグッズが、尿道に入るのかと思われるカモしれませんが、実際に挿入してみると、意外と簡単にずんずん入っていき、収まってしまいます。

    前立腺オーガズムを楽しんで下さい。

  2. 尿道プラグ【ロング・ビーディッド】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【ロング・ビーディッド】前立腺刺激を狙える尿道プラグ
    尿道プラグ【ロング・ビーディッド】の詳細はこちら


  3. 尿道の挿入感を楽しむ
    尿道プラグは、通常尿の排出に使用されている尿道に、外から異物を挿入するプレイに使用されます。

    男性は、体内に異物を挿入される感覚を味わうことは、あまりありません。

    この尿道プラグの挿入による感触は、女性が膣にペニスやディルドなどを挿入された時の感覚と近いのです。

    男性にはクリトリスがありませんが、亀頭がクリトリスと同じ感覚を味わえますから、女性の行為の感覚を味わえると言っても過言ではありません。

    尿道プラグは、色々な形状のものがありますが、尿管に直接接触する部分の形状によって、尿道が受ける感触が変わってきます。

    玉状に膨れた凹凸のあるタイプが多いですが、ストレートなタイプもあります。

    尿道初心者でも、太ささえ問題なければ、凹凸のあるタイプで問題なく使用できます。

    尿道の挿入感を楽しむためには、凹凸のあるタイプを選びましょう。

  4. 尿道プラグ【コックプラグ4-10mm】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【コックプラグ4-10mm】プラグ凹凸が新鮮な感覚を生む!
    尿道プラグ【コックプラグ4-10mm】の詳細はこちら


  5. 尿道拡張を進める
    尿道プレイをしていると、どうしても、大きなサイズの尿道プラグを、挿入したくなります。

    太いもの、長いものに挑戦したくなるんですよね。

    長いものは、意外と簡単に入る様になるんですが、太いプラグはなかなかクリアーできません。

    クリアーが難しいから、また挑戦したくなる感じです。

    尿道拡張のためには、一定以上の尿道プラグ挿入時間が必要になりますので、焦らず少しづつ進めていきます。

    細い尿道プラグから初めて、プラグを少しづつ太く変えていきます。

    最初は、直径7mmくらいがおススメです。

    自信の無い方は、6mmくらいから始めましょう。

    個人差がありますが、初めての人でも、直径6mm~7mmくらいの太さは、尿道に挿入できます。

    もういっぱいかナと思う太さからが、尿道拡張への挑戦となります。

    7mmの次は8mmと思うでしょうが、もし7mmでいっぱいいっぱいでしたら、1mmの違いは相当な違いとなりますので、尿道拡張のためのステップとしては、0.5mmづつ太くしていくと言うのがおススメです。

    実際に尿道プラグを挿入してみると、1mmの差の大きさに驚かされます。

  6. 尿道プラグ【ダイアレーター・ディアボロ】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【ダイアレーター・ディアボロ】竿に固定できるロングタイプの尿道プラグ!
    尿道プラグ【ダイアレーター・ディアボロ】の詳細はこちら


  7. 尿道プラグの材質
    尿道プラグの材質は、大きく2つあります。

    一つは金属製で、もう一つはプラスチック製です。

    金属製はステンレス製(安物はメッキものもあり)で、プラスチック製はシリコン製です。

    金属製の尿道プラグは曲がりませんが、シリコン製は柔軟性があるので、曲がった尿道にもそのままフィットします。

    そのままフィットするので安心と言う考え方もありますが、実際に挿入した感覚は、金属製の方が強く感じます。

    また、金属の方が重量感があるので、尿道プラグの挿入感を味わうには、やはりステンレス製の方が良いと思います。

    安全性で選ぶなら、シリコン製と言うところでしょうか。

  8. 尿道プラグ【ダイアレーター・ディアボロ】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【ダイアレーター・ディアボロ】シリコン製の各種尿道プラグ
    尿道プラグ【ダイアレーター・ディアボロ】の詳細はこちら

尿道プラグの使い方

  1. 尿道プラグの洗浄
    尿道プラグは、尿道へ挿入するグッズですから、清潔にしておく必要があります。

    きちんと洗って、キレイにしてから使用しましょう。

    煮沸殺菌などすれば完璧ですが、そこまでしなくても、少なくとも洗剤でくまなくきれいにする処置は必要です。

    手ももちろんきれいに洗います。

    そして、ペニスも洗いましょう。

  2. ジェルを準備する
    尿道プラグを挿入する時には、潤滑ジェルを使用します。

    ペニスから出て来る「先走り液」でも代用できますが、大量に出すにはなかなか苦労がいりますので、やはり潤滑ジェルを使いましょう。

    おススメは、K-Yゼリーです。

    完全無菌で、医療現場や医院で内視鏡や肛門鏡などに使用されているジェルです。

    高い品質で、安心して使用できます。

    K-Yゼリーを、小さめのシリンジ(リューブランチャー)などに入れて、尿道口から挿入して下さい。

    K-Yゼリー以外では、脱感作ジェルと言う局所麻酔剤の入ったジェルがあります。

    滅菌で消毒剤も含んだジェルで、シリンジに入った状態で販売されています。

    医療現場で尿道カテーテルの挿入時などに使用されるジェルです。

    麻酔が入っているので、痛みなどを感じることなく、尿道プラグを挿入できます。

    でも、麻酔のおかげで、挿入感や前立腺の感覚がマヒしてしまうので、目的に応じて使い分けるのが良いと思います。

  3. 潤滑ゼリー【K-Yゼリー】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    潤滑ゼリー【K-Yゼリー】
    潤滑ゼリー【K-Yゼリー】
    K-Yゼリーの詳細はこちら

  4. 尿道プラグを尿道口から挿入する
    ジェルが尿道口に入ったら、尿道プラグにもジェルをつけて、いざ挿入です。

    尿道口に尿道プラグをあてて、徐々に挿入していきます。

    凹凸のあるタイプでしたら、凹凸が尿道内部を刺激してきますので、その感覚を楽しみながら、挿入を深めていきます。

    一番奥まで入ったら、また感覚を楽しみます。

    リング付きの尿道プラグなら、リングをペニス亀頭のカリ部分に固定します。

    長いタイプの尿道プラグなら、前立腺を探ってみましょう。

    ペニスの方向や身体の姿勢を変えることで、前立腺に当たっている尿道プラグが前立腺を直接刺激できます。

    何か感じる体勢やペニス角度を見つけ出しましょう。

    何か感じたら、その状態で10分から20分はじっとして動かない様にするのです。

    初めてでも、オーガズムを感じることがあります。

    短めの尿道プラグで、尿道拡張が目的なら、挿入して、最低でも20分から30分はそのままで、挿入を維持して下さい。

    リング付きの尿道プラグなら、長時間挿入しておくことができますので、尿道拡張に向いています。

  5. 尿道プラグ【シリコンディレーター】
    ↓↓詳細情報はこちら↓↓
    尿道プラグ【シリコンディレーター】バイブ機能付きの尿道プラグ!
    尿道プラグ【シリコンディレーター】の詳細はこちら

尿道プラグを女性に付けてみる

尿道プラグは、本来男性用です。

女性専用の尿道プラグは見たことがありませんが、大は小を兼ねるの原則で、男性用のプラグを転用できます。

でも、女性に使う場合は、尿道の長さがとても短いので、注意する必要があります。

女性の尿道の位置

男性の尿道は20cmほどもあるのですが、女性の尿道は4cmほどしかありません。

ですから、女性に尿道プラグを使用する場合は、最大でも6cmくらいしか挿入してはいけません。

それ以上挿入すると、膀胱壁に当たってしまい、傷つける可能性があるからです。

女性に尿道プラグを付けると言うのは、とても魅力的に聞こえます。

下の方に女性の尿道プラグを挿入した写真を載せましたので、ご覧下さい。

尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】の紹介

この尿道プラグは、とてもユニーク。

ステンレスの部分と、シリコン製のシャフトが合体した理想的な尿道プラグです。

尿道プラグ
【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】金属とフレキシブルなシリコンチューブが合体!
尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】の詳細はこちら

ステンレスの部分の直径は7.6mmあり、初心者がギリギリ挿入でいるかどうかと言う太さに設定してあります。

そんなキツイ金属部分に接続されたパイプシャフトは、シリコン製で、自由に曲がることができます。

そんな構造を持っている尿道プラグですから、ペニスがどんな方向を向いても、どんな体勢になっても、問題なくフレキシブルに対応してくれます。

尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】

リングを、ペニスのカリに付ければ、尿道プラグはしっかりと尿道内に固定されて、長時間の使用が可能となします。

さらにすごいことに、全体が空洞タイプになっているので、尿道プラグを装着したまま、排尿できるんです。

もちろん射精も可能!

外出の時にも、尿道プラグを装着したまま、出かけられます。

カリに留めるリングの大きさは、2種類が用意されていますので、自分のサイズに合わせて、ご使用下さい。

尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】


男性用尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】の仕様は次の通り。

品番       :SM-824-5775
全長       :10.7cm
挿入長さ     :9.5cm
直径       :0.76cm
リングアーム   :2.3cm
ラージリング直径 :3.1cm
スモールリング直径:2.5cm

尿道プラグ【ペニスプラグ カムキット】の紹介

シリコン製の尿道プラグは、医療グレードのホンモノです。

始めて、尿道プレイをしようとする人に、向けた商品です。

尿道プラグ【ペニスプラグ カムキット】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
尿道プラグ【カムキット】着けたまま射精できる!中心の穴が精液を通す!
尿道プラグ【ペニスプラグ カムキット】の詳細はこちら

細いプラグと、太いプラグがセットになっていて、細い方の最大直径が6.3mm、太い方の最大直径が8mmと、初心者にちょうど良い設定となっています。

医療グレードのシリコンは、尿道にとっても良くなじみますし、素材が柔軟なので、尿道の曲がりなどにも対応してくれます。

尿道プラグの中央には、穴が開いていて、尿道プラグを装着したまま排尿できますし、カムキットの名前の由来通り、射精することも出来ます。

尿道プラグ【ペニスプラグ カムキット】

尿道の先端部分の、一番狭いところを、拡張することができますので、初心者が最初に使い道具としては、最高の出来と思います。

長時間の装着が可能ですから、初心者の尿道拡張に向いています。

尿道プラグ【ペニスプラグ カムキット】


男性用尿道プラグ【ペニスプラグ カムキット (黒)】の仕様は次の通り。

品番   :SM-824-8004
[Sプラグ]:挿入長さ:5.1cm、シャフト直径:4~6.3mm、穴内径:2.3mm、ベース直径:1.5cm
[Lプラグ]:挿入長さ:5.1cm、シャフト直径:6.4~8mm、穴内径:3.4mm、ベース直径:1.5cm

尿道プラグ【XL中空ステンレス尿道プラグ】の紹介

XL中空ステンレス尿道プラグは、挿入長さが5cmと短いのですが、直径が最大1.1cmもあるので、初心者向けではありません。

短いので、女性の尿道にもピッタリ合いますが、男性も女性も尿道拡張を、ある程度進めてから、挑戦することにしましょう。

【XL中空ステンレス尿道プラグ】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
【XL中空ステンレス尿道プラグ】女性の尿道にピッタリ!
【XL中空ステンレス尿道プラグ】の詳細はこちら

テーパー状の形をしているので、入りそうかと思いますが、1.1cmはなかなか手ごわいです。

女性は、男性に比べて、柔軟性が高いのですが、それでもいきなりこのサイズを挿入するのは、無理だと思ってください。

もう少し、細い尿道プラグで、拡張してから試すことにしましょう。

尿道プラグの中心は空洞となっているので、装着したまま排尿が可能です。

また、出口部分のくびれで、尿道プラグが固定されるので、挿入したまま動き回ることが可能となります。


男性用尿道プラグ【XL中空ステンレス尿道プラグ】の仕様は次の通り。

品番   :SM-824-9196
素材   :ステンレス製
全長   :7.4cm
挿入可能 :5.0cm
ベース直径:0.5cm
最大直径 :1.1cm

尿道プラグを男性に使用した画像

これまで、尿道プラグについて、言葉で色々と説明してきましたが、良く分からないとか、そうはいっても「やっぱり不安?」だとか、「こんなことは、ごく特殊な人がすることで、自分には無関係...」なんて思う人も多いのかとおもいます。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

「百聞は一見にしかず」とよく言われますが、尿道プラグも同じです。

なかなか、尿道プラグを挿入した画像などを、見ることができないと思いますので、ここにまとめました。

まず、よく見て、どんな感じなのかを確認してください。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

この画像で挿入している尿道プラグは、直径約8mmです。

尿道プラグが、どれだけ中に入っているのか、連続写真で分かりますね。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

尿道口が、大きく開いているのが、良く見えます。

尿道プレイ初心者にとって、直径8mmは最初の壁になります。

7.5mmまでは、挿入できるけれど、8mmはかなり苦しい...と言う感じです。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

尿道プラグの先が尿道口から出ていますが、最終的にはこの窪んだ部分までを尿道に挿入します。

この窪みを、尿道口に引っ掛けるイメージなります。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

こちらは、プラスチック製の尿道プラグです。

直径は、5.5mm程度ですので、尿道プレイが始めての人でも、難なく挿入できます。

尿道プレイは、まずは、この程度の太さから始めるのが、おススメです。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

尿道プラグの先端が、くぎの頭の様になっているのが分かりますか?

プラスチックやゴム製の尿道プラグは、自重が無いので、尿道にすべて入り込んでしまうと、取れなくなってしまう可能性があるのです。

そのために、必ずストッパーが付いています。

ストッパーの無いものは、危険ですので、使わない様にしましょう。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

こちらは、リング付きの尿道プラグです。

直径は3.5mm程度で、初心者向け。

ペニスの裏側で、リングと尿道プラグ本体がつながっています。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

こちらは、フレキシブルなシリコンのシャフトが付いたタイプの尿道プラグです。

シャフトの部分は5.5mmくらいで、金属部分は7.6mm程度の直径となっています。

こちらもリングでペニスのカリに固定できます。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

こちらは、上の方で登場したのとお同じプラスチック製の尿道プラグの挿入画像です。

長さがあるので、最後まで挿入すると、ペニスの根本まで到達します。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

この尿道プラグは、リングが付いていますが、このリングは、尿道プラグをカリに装着するためのものではありません。

尿道プラグを、尿道内から出し入れするのを、やりやすくするためのリングです。

女性に、尿道プラグを出し入れしてもらうには、絶好のアイテムとなります。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

この尿道プラグは、直径が4.5mm程度と細めですが、長いタイプです。

奥まで挿入して、リングでカリにしっかりと固定出来ます。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

この尿道プラグは、直径7mmで、尿道プレイが初めての人でも、難なく挿入できるぎりぎりのサイズとなります。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

金属製のペニスプラグは、自重があるので、その重さで自然に尿道の中へ挿入されていきます。

その挿入感を楽しむのも尿道プレイの一つです。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

写真の様にペニスを垂直にすると、自重により、ゆっくりとプラグが勝手に挿入されていきます。

金属製の尿道プラグは、その全体が尿道内に入ってしまっても、下向ければ、重力によって、尿道から出てきますので、入り込んでも心配はいりません。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

これは、プラスチック製の棒を、挿入したところですね。

直径は7mmほどあります。

尿道プラグとして販売されたものでは無いものを、挿入する時は、色々と注意が必要です。

表面がザラザラではないか?

プラスチックの場合、入り込んでしまって、取れなくなることはないサイズか?

などです。

尿道プラグをペニスに挿入している画像
こちらは、かなり太めでの尿道プラグです。

直径が12mmほどありますから、初心者には挿入はムリだと思います。

徐々に拡張してから、挑戦することになります。

尿道プラグをペニスに挿入している画像

男性画像の最後となります。

このプラグは、直径9mm程度あります。

色々なタイプの尿道プラグがありますので、自分の目的に合ったプラグを選びましょう。

最初は、直径7mm以下で、長さも5cm~10cmの尿道プラグがおススメです。

徐々に、太く長くしていくのが良いと思いますが、何度も購入するのがイヤと言う方は、色々なサイズのものを一度に購入して、チャレンジしていくのが良いでしょう。

尿道プラグを女性に使用した画像

ここからは、尿道プラグを女性に使用した時の画像になります。

女性は尿道が4~5cm程度しかないので、尿道プラグ挿入には注意が必要です。

奥に入れすぎない様に、最大6cmの挿入と決めて、線などを書いて、それ以上入り込まない様にして下さい。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像尿道プラグ【メテオール (59)】
尿道プラグ【メテオール (59)】の詳細はこちら

この尿道プラグは、直径が12.5mmもあるものです。

女性は、男性に比べて、柔軟性が高いので、尿道拡張も男性より早く進みますが、それでもいきなりこんなサイズのプラグは使えません。

ゆっくり拡張を進めた結果だと思って、見て下さい。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

この尿道プラグは、直径5.5mm程度のプラグです。

女性の尿道は、マンコの膣口の上の方にあり、クリトリスよりも下の方にあります。

女性によっては、尿道口が見つけづらい人もいますが、よく見れば分かります。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらの尿道プラグも、直径5mm程度の太さです。

プラスチック製のプラグや、何か細長い異物を、尿道プラグの代用にする場合は、短か過ぎて、女性の尿道内にすべてが入り込んでしまうことの無いように細心の注意をして下さい。

中に入ってしまって、膀胱に留まってしまうと、取り出すことが出来ません。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらの尿道プラグは金属製で、太さ8mmほどです。

尿道口が膨らんでいるのが、良く分かります。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらは、最大直径5mm程度の、細長いプラスチック製の尿道プラグです。

マンコを開いてくれているので、尿道口を良く見せてくれています。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらは、先ほどと同じ尿道プラグを、奥まで挿入したところです。

女性の場合、あまり尿道の奥まで挿入しない様に注意してください。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらは、直径9mmほどのタマが先端い付いた、特殊なプラグです。

やはり、このくらいの太さになると、尿道拡張を済ませてから、チャレンジすることになります。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらは、クスコでマンコを開いた状態で、尿道責めをしているところです。

バイブ付きの尿道プラグを、挿入しています。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらは、バイブ付き尿道プラグを、すっかり女性の尿道に入れてしまった状態の画像です。

プラグの先は、10cm程ありますので、女性の膀胱まで確実に届いています。

尿道プラグを女性の尿道に挿入している画像

こちらは、最大直径15mmはある、特殊な形をしたプラグです。

右側の画像では、この15mmもあるプラグが女性の尿道に入り込んでいくところが、良く分かります。

この様なプレイをするときは、そのまま、つるっと、尿道の中に入らない様に注意してください。

尿道プラグを女性の尿道に挿入しながら反対側をペニスに挿入している画像

さて、こちらは最後の画像となります。

これは尿道プラグではなく、尿道ブジーを使って、片方を女性の尿道へ挿入しながら、もう片方をペニスの尿道口に挿入している画像です。

女性と、こんなプレイが出来ると、最高ですね!


これらの画像の中には、管理人本人の画像も含まれています。

管理人も経験しましたが、特別な世界ではありません。

これまでにない感覚を味わえます。

癖になる感じもありますが、尿道プレイは実際に試してみると、この世界は深いなと感じています。

皆さんも、試してみませんか?


尿道プラグ
【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】金属とシリコンチューブがフレキシブルに合体!
尿道プラグ【フレキシブルペニスプラグ イナーチア】の詳細はこちら