更新:


OKプロステートチップ
(ミルキングマイクロチップ)

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)ロングタイプ
尿道から挿入する前立腺オナニーグッズ!
OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)の詳細はこちら

尿道から挿入する前立腺オナニーグッズは世界初!

「前立腺オナニー」って知っていますか?

「女性とのセックスよりも、オナニーの方がきもちいい...」と言う人が結構多いのです。

ペニスを手でしごいたり、オナホールを使ってみたり、色々なオナニーの方法がありますが、手やアダルトグッズをペニスに使用すると、女性に膣よりも強い刺激を受けられますし、自分が一番感じる部分や方法を知っているのですから、当然の事とも言えます。

オナニーと言うと、男性なら「ペニス」、女性なら「クリトリス」を刺激するのが、当たり前になっていますが、実はもっとすごいオナニーがあるのです。

それが「前立腺オナニー」です。

何度もイク女性(身体の奥底で震えている)

女性が、本当にイクときには、身体の奥底で震える様な耐えられないほどの快感を得ています。

男性は、通常 射精が目的の快感ですから、射精すると一気に快感が無くなってしまうのですが、女性の快感は、イッテもイッテも快感は萎みません。

ですから、女性は何度も何度も連続してイクことができるんです。

前立腺オナニーの快感は、ペニス刺激の快感とは違い、女性の快感に似たもので、ドライオーガズムとかメスイキとかと呼ばれています。

個人差があると思いますが、ペニス刺激の快感よりも100倍もの快感を得られると言われていて、思わず声を出してしまうほどの感覚となります。

前立腺オナニーでは、男性なら誰でも感じたことのある「射精後の覚めた感覚」を味わうことはありません。

前立腺オナニーは、自分でやめない限り、いつまでも快感を味わい続けることが出来ます。

尿道に前立腺グッズを挿入して、直接前立腺を刺激する世界初のチップが開発されました。

「OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)」です。

このOKプロステートチップを使えば、苦労してアナル開発して前立腺刺激をするなどの準備なしに、尿道からの直接刺激によって、前立腺オナニーの強い快感を得ることができます。

OKプロステートチップ
【ガラス素材1チップタイプ】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ガラス素材1チップタイプ】
基本形のチップで 短時間挿入タイプです!
OKプロステートチップ【ガラス素材1チップタイプ】の詳細はこちら

OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)はどんなオナニーグッズ?

OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)は、メダカの様な形をしたガラスのチップです。(プラスチックのチップもあります)

チップの長さは3cmから上級者向けでは5cm程度で、扁平な形をしています。

チップには、手術用の糸が付いていて、尿道に挿入した後で糸を引っ張る事で、チップを安全に取り出すことが出来る様に設計されています。

2チップのタイプや、形の変わったタイプのものも販売されていますので、色々なタイプを試して見るのが良いと思います。

素材は、ガラスと樹脂の二種類ありますが、おススメはガラスです。

樹脂と尿道の滑りは良くありません。

それに比べて、ガラスは滑りがとても良いので、尿道に負担をかけないだけでなく、ローションや潤滑ジェルを使わない時の痛みも違ってきます。

OKプロステートチップ
【ガラス素材2チップタイプ】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ガラス素材2チップタイプ】
補助チップ付きで 挿入したまま生活できるタイプ!
OKプロステートチップ【ガラス素材2チップタイプ】の詳細はこちら

前立腺直接刺激のドライオーガズムは天国過ぎる

OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)を挿入して得られる感覚は、射精の快感とは違うものです。

身体の奥底に、ねっとりしたジンジン感が伝わり、しばらくすると、激しく身体が震えてしまう様な、身震いする感覚が襲ってきます。

OKプロステートチップが、前立腺の中で動き回っているのではないかと思うほど。

この身震いが何度も襲ってきて、身体に力が入り腰が勝手にガクガクしてしまい、息を殺そうと思っても、まるで女性の様な「あーん、アン」と言う勝手に出て来る声を止められません。

OKプロステートチップによるドライオーガズムのすごいところは、一回イッテも、すぐそのあとに二回目、三回目のドライオーガズムを連続して、感じることが出来る点です。

OKプロステートチップによる前立腺直接刺激のドライオーガズムは、天国過ぎると思います。

もうお分かりだとは思いますが、この感覚は病みつきになります。

そして、何度も続くドライオーガズムの天国の中で、今日は終わりにすると言うことに、強い意志が必要になります。

OKプロステートチップ
【ガラス素材セミロングタイプ】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ガラス素材セミロングタイプ】
「内尿道括約筋」の刺激を楽しみたい上級者向け!
OKプロステートチップ【ガラス素材セミロングタイプ】の詳細はこちら

女の気持ちが良く分かる前立腺刺激の効果

OKプロステートチップによるドライオーガズムは、まるで女性がバックで膣の一番奥まで挿入されて、身体の奥底で感じる感覚と似ています。

子宮が感じる感覚と、前立腺が感じる感覚は、同じなんだと思っています。

前立腺刺激で身体を硬直させて、身震いするドライオーガズムを感じる瞬間は、女性の感覚そのものと同じと思います。

女性をいい加減イカせた後で話を聞くと、身体が筋肉痛になるほど疲れた言われることがあります。

前立腺刺激のドライオーガズムも同じで、何度も何度もドライオーガズムを繰り返すことで、筋肉に力が入り、オナニーを終わった後には、疲れを感じます。

女性の気持ちが良く分かる瞬間です。

何事も、ほどほどで終わらせるのが良いと思います。

OKプロステートチップ【ロングタイプ】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ロングタイプ】
2チップタイプでも物足らない超上級者向け!
OKプロステートチップ【ロングタイプ】の詳細はこちら

前立腺オナニーグッズはアナルからと言う常識を超えた!

前立腺オナニーと言うと「アナルから指を奥深く挿入したり、エネマグラなどのグッズを挿入して、肛門の奥の方にある膨らんだん部分を刺激する」のが、唯一のアプローチだと思っていませんでしたか?

アナル初心者は、アナルグッズを肛門に入れるが痛くて入らず、アナル開発をするために、アナルプラグなどを使って徐々に肛門を拡張していく道のりがあります。

それよりも、簡単そうに思える指の挿入も、中指を根元まで入れる様な挿入は、初心者にとってはなかなか難しく、とても苦労するのです。

何よりも、ウンコ臭くなるのがイヤと言う人もいるでしょう。

OKプロステートチップは、こんな常識を覆した世界初の前立腺オナニーグッズなんです。

前立腺オナニーはアナルからと言う常識を超えて、尿道から直接的に前立腺を刺激するオナニーグッズなのです。

尿道に何かを入れると言うは、ちょっと勇気がいりますが、誰でも痛みを感ずることも無く挿入できて、手を汚すことはありません。

アナルからのアップローチで挫折した人や、さらなる開発をしてみたい人にはうってつけの前立腺オナニーグッズです。

OKプロステートチップ
【ガラス素材1チップタイプ】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ガラス素材1チップタイプ】
基本形チップで 短時間挿入向け!
OKプロステートチップ【ガラス素材1チップタイプ】の詳細はこちら

OKプロステートチップの糸は切れない?

OKプロステートチップの糸は、医療用のナイロン縫合糸が使われていて、直径は約0.2mmです。

ナイロンは、同じ太さであれば、鋼鉄よりも引っ張り強度は強いと言われている素材ですので、引っ張って切れてしまう心配はありません。

縫合用の糸と言う事なので、尿道内壁への影響や摩擦は全く問題ありません。

ガラスは溶かすのに、500℃もの高い温度を使うので、ガラスに糸を埋め込むことは出来ません。

糸は、ガラスにコーティングしているエポキシ樹脂に埋め込まれて、確実に固定されているので、外れることはありません。

どんな状態であっても、セーフティーチップが体外にあれば、そのセーフティーチップで糸を引っ張る事で、OKプロステートチップは取り出せます。

OKプロステートチップ
【ガラス素材2チップタイプ】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ガラス素材2チップタイプ】
補助チップ付きで挿入したまま生活できる!
OKプロステートチップ【ガラス素材2チップタイプ】の詳細はこちら

ご心配な方には、糸を2本にする無料オプションが追加されました。(2019年4月~)

1本に異常が起きても、残った1本で機能を果たせるフェールセーフ機構です。

糸を2本にするオプションを希望する方は、注文時の備考欄に「糸2本希望」と記入すれば、追加料金なしで、このオプションが採用されます。

なお、この2本糸オプションにした場合には、糸の末端につくセーフティチップが付かない状態で納入されます。

2本に糸の先にセーフティチップを付けると、糸が伸びた際に2本のバランスが崩れるためです。

2本の糸を束ねたい場合には、別売り(¥1,100)の六穴方式オプションチップ(セーフティチップ)を使用して下さい。

2本糸オプション用のセーフティーチップ
六穴式オプションチップ(セーフティチップ)

OKプロステートチップの挿入は痛い?

尿道は、乾いた状態で何かを挿入すると、痛みを感じます。

アナルだって、滑りの悪い状態でグッズを挿入すれば、痛みを感じますから、当たり前のことですよね。

OKプロステートチップには、素材の違いによって二つの種類があります。

ガラス素材と樹脂素材です。

ガラス素材は、尿道との相性がとても良くて、透明な先走り液が出ている状態や射精後では、ローションなどのお世話にならなくても、ほぼ痛みを感じることなく挿入ができます。

樹脂製のチップは、ローションが必要です。

ローションなしでは、痛みを感じることもありますし、排尿後はローションが流れてしまいますので、こういう観点から、樹脂製のOKプロステートチップは、あまりおススメではありません。

長期に使用しようと考えておられるのであれば、ガラス素材を選んで下さい。

OKプロステートチップ
【ガラス素材セミロングタイプ】

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ガラス素材セミロングタイプ】
「内尿道括約筋」の刺激を楽しみたい上級者向け!
OKプロステートチップ【ガラス素材セミロングタイプ】の詳細はこちら

OKプロステートチップの挿入方法

OKプロステートチップは、尿道から前立腺までチップを挿入して、ドライオーガズムを感じるための前立腺オナニーグッズです。

まずは、雑菌が尿道に入らない様にする準備をして、ローションを尿道口に注入するか、カウパー腺による先走り液が出る状態になってから、OKプロステートチップマイクロチップを尿道口から挿入します。

指でミルキングしながら、少しづつペニスの根元の方へ向けてマイクロチップを移動させてゆきます。

根元のところまで来たら、今度は玉袋の上から押す様な形で、マイクロチップを奥へ押し込みます。

「ハマった...」と言う感じがあったら、チップは正常に前立腺に届いている筈です。

簡単そうに書いてしまいましたが、慣れないとかなり苦労します。

コツをつかむまでは、何度か挑戦することになるかも知れません。

そんなOKプロステートチップ挿入のコツを、画像も添えて教えます。

参考にして下さい。

OKプロステートチップ【ロングタイプ】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【ロングタイプ】
2チップタイプでも物足らない超上級者向け!
OKプロステートチップ【ロングタイプ】の詳細はこちら

消毒などの準備

尿道や尿道口は、膀胱から出て来る尿を排出するための器官ですから、口の様に、尿道口から何かが入ってくると言うことは無いのが普通です。

ですから、尿道は、雑菌に対する防備が、とても甘いのです。

OKプロステートチップを挿入する前には、次の事を実行しましょう。

  • OKプロステートチップを滅菌する
  • 手を良く洗う
  • ペニスも良く洗う

面倒だと思う人も多いと思いますが、この面倒な作業が、身体を守ってくれます。

慣れてくると、ついつい省略しがちとなりますが、禁物です。

雑菌によって、尿道炎や膀胱炎になる可能性があるので、面倒がらずに毎回行う様にしましょう。

潤滑ゼリーの注入

もう一つの準備は、尿道を潤すことです。

潤滑ゼリーを使うのが最も簡単で良い方法です。

ガラス素材の場合には、カウパー腺液だけで充分な潤滑となりますが、樹脂素材のOKプロステートチップを挿入する場合には、潤滑ゼリーが必須となりますので、準備してください。

おススメは、K-Yゼリーです。

このK-Yゼリーは、内視鏡用の潤滑ジェルとして、病院などで使用されているものですので、安心して使用できます。

K-Yゼリーを、小さめのプラスチックシリンジで必要量を摂って、尿道口から尿道の中へ注入します。

K-Yゼリーは、遠慮せずに押し込むように、注入します。

シリンジが無い場合には、潤滑ゼリーが、出来るだけ尿道の奥の方まで入る様に工夫してください。

尿道に潤滑ゼリーを挿入しているところ

マイクロチップを挿入してミルキング

手洗い消毒が終わって、潤滑ゼリーを尿道に注入完了できたら、いよいよOKプロステートチップを尿道に挿入していきます。

興奮して勃起していると、挿入しにくいので、リラックスして挿入しましょう。

OKプロステートチップの扁平な方向と、尿道口の方向を合わせてゆっくりと押し込んでみます。

K-Yゼリーがたっぷりついていれば、簡単にするっと挿入できます。

思っていた以上に、スムーズにいきますから、あまり心配する必要はありません。

OKプロステートチップを尿道口に挿入するところ

チップのサイズにもよりますが、チップが見えなくなるくらいまで挿入できても、押さえている指を離すと、チップが尿道口から出てきてしまいます。

尿道口から数cmのところは、尿道が少し狭くなっていて、ちん圧?が高いのです。

ですから、ミルキングを開始するまでには、もう少し奥まで挿入しておく必要があるのです。

小指で押してもっと奥へ入れるとか、綿棒などを使って押し込むのが良いと思います。

綿棒を使えば、尿道口から数cmは押し込めますので、お試しください。

OKプロステートチップを尿道口へ押し込んでいるところ

OKプロステートチップが、最初の難関である尿道口から数cmの細い部分を通過できれば、後はミルキングでチップを進めていきます。

お分かりだとは思いますが、尿道はペニスの中心部分にあるのでは無く、ペニスの裏側の表面に近い部分に沿ってつながっています。

ペニスの裏側を、指で、ペニスの先の方から根本の方へ、ミルキングします。

OKプロステートチップをミルキングでペニス根本へ進めているところ

ペニスの裏側を触ると、どこにチップがあるのかが分かりますから、チップのおしりを押すようにして、ペニスの根本の方へ移動させてゆきます。

はじめてに人でも、意外と簡単に、ペニスの根本まで、チップを移動させることが出来ます。

上手くいかなかったり、痛みを感じた時には、一度チップを取り出して、潤滑ゼリーを再度注入して、再挑戦してください。

多くの場合、潤滑ゼリーが、奥の方まで入っていないために、上手くいかなかったり、痛みを感じたりします。

OKプロステートチップをミルキングでペニスの根元へ移動させているところ

ペニスの根元まで来たら、玉袋の上からミルキング

OKプロステートチップがペニスの根元まで来たら、今度は玉袋の上から押し込むように押さえつけながら、ミルキングを続けます。

この辺で、チップを見失うことがありますが、根気よく奥へ奥へと押してゆきます。

どこにあるのか、全く分からなくなってしまったら、糸を少し引っ張ったり、糸で押してみたりしてみて下さい。

位置をつかめることがあります。

奥へ奥へと押してゆくと、ゾクッと来る感覚と言うかズキッと言う感覚と言うか、大きな刺激のああるポイントへたどり着きます。

OKプロステートチップが、曲がり角まできた証拠です。

ここまで来れば、ゴールはもうすぐ目の前です。

OKプロステートチップをミルキングでペニス根元まで移動させたところ

チップをさらに奥へ押し込んでハマればOK

最終段階に入っています。

PC筋には、力を入れずに、緊張せずに緩めたままで進めていきます。

OKプロステートチップをペニス根元から前立腺にハメているところ

玉袋の下で、片手の中指と薬指を使って、チップのお尻側を押さえて、チップが戻らない様に押し込むように押さえます。

そうしながら、もう一方の手の中指と薬指で、会陰にあるペニスの根元のふくらみの一番肛門寄りの部分を、奥へ向かって押し込みます。

OKプロステートチップをペニス根元から前立腺にハメているところ

すると、ヌルッとした感覚があって、OKプロステートチップが前立腺に入って、ハマったのが分かります。

上手くいかないければ、何度も挑戦してみましょう。

痛みを感じる様でしたら、また明日トライするなど、時間をかけてルート開発してください。

OKプロステートチップが、前立腺にハマると、ドライオーガズムの始まりです。

疲れない程度に楽しみましょう。

OKプロステートチップが前立腺にハマって最初のメスイキを感じているところ

OKプロステートチップのラインナップと価格

OKプロステートチップのラインナップですが、定番商品として以下の商品があります。

これ以外にも、多くの商品を揃えていますので、公式ページで内容ご確認ください。

価格は、樹脂素材のものの方が価格が安いのですが、尿道内でのチップの滑りを考えると、ガラス素材を選択することをおススメします。

OKプロステートチップの価格表

  • ガラス素材お試し版チップ単体
    あくまで「お試し版」です。
    糸は付属してきますが、自分で糸を結んで試してみるためのアイテムなので、本番ものとは違い違和感がある様です。
  • ガラス素材1チップタイプ
    手術用の糸が埋め込まれた「OKプロステートチップ」の糸の先に、セーフティーチップが接続された基本形のチップです。
    排尿時に排出されてしまう可能性の高い商品なので、短時間挿入向けです。
  • ガラス素材2チップタイプ
    「OKプロステートチップ」と補助チップに、手術用の糸が埋め込まれた商品で、糸のしっぽにはセーフティーチップが接続されています。
    排尿時には、補助チップがストッパーとなるので、長時間挿入したままで生活できる商品です。
  • ガラス素材2連結タイプ
    「OKプロステートチップ」が、短距離で連結されて、手術用の糸が埋め込まれていて、糸のしっぽにはセーフティーチップが接続されています。
    チップの長さが2倍となるので、従来商品出物足らない人や、もっと奥を目指したい上級者向けの商品です。
  • ガラス素材セミロングタイプ
    「OKプロステートチップ」本体が、セミロングタイプのチップで、糸のしっぽにはセーフティーチップが接続されています。
    チップは38mm~44mmのサイズから選ぶことが出来ます。
    1チップタイプでは到達し難い「内尿道括約筋」の刺激を楽しみたい上級者向けの商品です。
  • ロングタイプ
    ロングタイプの「OKプロステートチップ」に手術用の糸が埋め込まれた商品で、糸のしっぽにはセーフティーチップが接続されています。
    外尿道括約筋→前立腺→内尿道括約筋を一本のチップで貫通させるチップです。
    2チップタイプでも物足らない超上級者向けの商品となります。

これら以外にも、特殊形状の「OKプロステートチップ」がたくさんありますので、販売先ホームページで確認して下さい。

OKプロステートチップ【商品ラインナップ】
↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ【商品ラインナップ】
OKプロステートチップ【商品ラインナップ】の詳細はこちら

OKプロステートチップに陶器素材が追加されました!

樹脂チップとガラスチップを比べると、性能的にガラスチップの方が格段に良いのですが、万が一破損してしまったときにリスクがあります。

ガラス素材は、割れてしまうと尖鋭な部分が出来てしまうからです。

そんな素材の潜在的リスクを回避すべく、陶器素材によるOKプロステートチップが発売開始となりました。

OKプロステートチップは、小さくて繊細な形状をしているため、陶器素材で作るには難しさがあり、当初の開発計画にはあったのですが、生産が見送られてきたのです。

今回、このような形状を作ることのできる新しい工法を開発し、製品化にこぎつけたののことです。

陶器素材チップは、万が一割れた時の破損形状がガラスの様に鋭くはならないのが特徴ですが、使用感がガラスとは違った趣があるので、ガラス素材と陶器素材の感触の違いを楽しむ目的でも楽しめます。

発売された陶器素材チップには、2つの種類があります。

ガラスチップと同様形状の「標準タイプ」とチップの後ろの部分に勾玉(まがたま)形状を追加した「勾玉タイプ」です。

勾玉の写真

日本古来の装飾品の勾玉に似た形状をチップの後ろ側に付けることによって、チップの位置を手で確認できる様になり、チップの留置安定度を向上することができます。

また、手で押さえることで、排尿時にチップが戻ってしまうことを防止できる利点もあります。

陶器素材OKプロステートチップの種類と価格

新しい工法で、手間が相当かかっているそうですが、お値段はガラスとほとんど変わりませんので、お買い得だと思います。

OKプロステート陶器素材チップ
↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステート陶器素材チップ負担の少ない1日留置可能なチップ!
OKプロステート陶器素材チップの詳細はこちら

OKプロステートチップの選び方

「OKプロステートチップ」には、初心者から上級者向けまで、いろいろなラインナップが揃っています。

最もお安いのが「お試し版」ですが、おススメではありません。

初心者の人は、1チップタイプから始めるのが良いと思います。

何度も購入するのが面倒と言う方は、最初から1チップタイプ+2チップタイプ+2連タイプまでをまとめて購入するのも良い方法と思います。

素材については、断然ガラス素材を選ぶべきだと思います。

長時間使用を考えた場合、ガラスでないと問題がありますので。

「OKプロステートチップ」の挿入に慣れてきて、次のステップに進みたいと言う方は、色々なバリエーションのある特殊形状のものを選んでみましょう。

OKプロステートチップは直販でしか手に入らない

「OKプロステートチップ」は、2011年6月創業の「岡田快適生活研究所」と言う会社で販売されています。

注文に基づいて、糸の長さなどを変えたり、特注対応をしてくれる会社です。

一つ一つ手間をかけて、手作りで製造された商品が送られてきます。

国際特許を取っていますから、他には同様商品はありませんし、ドラッグストアなどのショップでは購入することが出来ません。

購入希望の方は、下の「岡田快適生活研究所」公式サイトからお申込み下さい。

OKプロステートチップ
(ミルキングマイクロチップ)

↓↓詳細情報はこちら↓↓
OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)ロングタイプ
OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)の詳細はこちら